塩分計・塩分測定器・塩分濃度計のおすすめアイテムを紹介!

塩分計・塩分測定器を使って旨いものはもっと美味しく!

塩分がダメ、何がダメとダメダメばかりじゃストレスが溜まってかえって身体に良くないですね。旨いものを美味しくいただけることこそ人生の醍醐味です。このサイトでは食べ物や飲み物の塩分濃度を簡単に測定できる塩分計・塩分測定器・塩分濃度計でおすすめのものを紹介しています。

MENU

塩分計・塩分測定器・塩分濃度計を上手に使いこなしましょう!

食事において塩分の摂り過ぎはからだに悪いことはわかっているのですが、塩は料理を美味しくするためには欠かせない調味料でもあります。

塩や塩分があってこそ食材の旨味を引き出すことができますね。

最近では精製加工された食塩以外にも、ナトリウムだけではない他のミネラルも豊富な岩塩や海水に由来する天然塩なども出回るようになって塩自体が美味しい食材として注目をあびるようにもなってきています。

塩分は控えめに

味気ない満足感の少ない食事を続けているとどうしてもストレスが溜まります。昨今ではこうしたストレスそのものが人間の免疫力を低減させ逆に病気の可能性を高めてしまう、ということも指摘されるようになってきています。また度が過ぎた減塩によって逆に体内のミネラルが不足すると、人間の身体は骨などからミネラル分を確保しようとします。中長期的には骨が弱くなると行った副作用の発生も懸念されます。

体調に配慮しつつもできるだけ満足感のある食生活をおくるためには塩とうまくおつきあいしていく必要があります。そこで大切なことは自分が毎日どれぐらいの塩分を摂取しているのか正確に知ることですね。塩分は濃度が問題なので、水の摂取量も重要です。

いまは優秀な機能を持った家庭用の塩分計・塩分測定器・塩分濃度計が簡単に手に入るようになっていますのでこういった機器を使いこなして、調理、味覚・食感、体調と見比べながら、実感できるような形で自分にとって適量な塩分を身につけていくとよいでしょう。


しっかりと記録をつけていくことも大切です。
塩分計を買うのとあわせて新しいノートや日記帳を買うとモチベーションも高まりますよ。

血圧と合わせて食事内容や摂取した塩分量を記録しておきましょう!


けっこう塩分入れ過ぎかな、と思っていても野菜にもともとある水分が出てくることで、意外に料理の塩分濃度が高くないことがあります。また塩分を控えめにしたのにうまく出汁が取れたり食材の旨味を引き出すことができて料理が美味しく仕上がることもあります。そんな時には料理の内容を記録しておいて自分独自の健康レシピにしてしまいましょう。

これ以上は塩分は入れられないが、どうしても味気ない料理になってしまう・・・という時には出汁を変えてみたり、またたとえばトマトのような独自のうま味成分や酸味をもっている食材などを混ぜて工夫をしてみるとか、こういった工夫で毎日の料理が楽しくなり、また食べることの楽しみもふえるのではないでしょうか。

塩はなくてもトマトには旨味がたっぷり!


ただし、とにもかくにも塩分を取りすぎては元も子もありません。まずはしっかりと塩分量の把握が必要です。

このサイトでは食事や飲み物の塩分を簡単に測定できる塩分計・塩分測定器・塩分濃度計で人気の高いものやおすすめのものを紹介していきます。

塩分計・塩分測定器・塩分濃度計の人気ランキング

塩分計・塩分測定器・塩分濃度計はヤマダ電機はビッグカメラ、ヨドバシカメラのような大手家電ショップの店頭でも販売していますし東急ハンズでも扱われています。もちろん楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなどの通販ポータルでも扱っているショップは多数あります。

あ、ちなみにこのサイトでは「すでに何らかの病気が発症していて減塩した食事が必要な方」や「お仕事で塩分計を探している方」は対象にしていません。ので、プロ仕様の塩分計・塩分測定器・塩分濃度計は紹介していませんので悪しからず了解ください。


塩分計・塩分測定器・塩分濃度計の選び方のポイント


塩分計・塩分測定器・塩分濃度計については、家電商品のように毎年ごとに新しい機能がつくとか、性能がアップするとか、そういったことはそれほど無い分野だと思います。したがってまず発売されてからある程度時間の経過しているもの、また安直で恐縮ですが通販サイトの口コミやレビューをチェックすることが大切だと思います。

タニタ 塩分計 しおみスプーン SO-302-WH(ホワイト) 約2000回使いきりタイプ
発売されてある程度期間が経過していて、なおかつ良い方に書かれているか?そして、投稿件数はある程度まとまった件数があるか?


なお口コミをチェックする通販ポータルサイトとしてはAmazonをおすすめします。なぜかというと、楽天もたくさん口コミが投稿されていますが、口コミを書くことを条件に値引きしたり送料無料にしたり、というメリットがつくようなケースがよく有り、商品が届いてもいないのに高評価がついていたりします。Amazonもこういった質の低い口コミが無いことはないですが、比較的良心的なコメントが書かれているように思われますので。


塩分計・塩分測定器・塩分濃度計の分析手法


わたくしも、いち消費者の立場ですのでここではあまり詳しくは書きませんが食品や料理の塩分濃度の測定方法はいくつも手法がありメリット・デメリットもあるようです。列挙しますとモール法、電位差滴定法、伝導度測定方式、電量滴定法、試験紙法、イオン電極法、ホルハルト法などなど。

ただ私達がまだ通院も必要なく日常の食事で簡単にチェックするレベルですと、測定できる単位の細かさなどはそれほど精度の高いものも必要ないのではないかと思います。下記にいくつか塩分計・塩分測定器・塩分濃度計を紹介していますが、最低限「濃い」「ふつう」「薄め」というように3段階ぐらいが分かれば充分ではないかと思います。

ちなみに「濃い」「ふつう」「薄め」の判断の基準ですが、おそらく各メーカーいずれも同じではないかと思いますが、人間の体内の塩分濃度が0.9%なのでこの0.9%を越えてくると身体への負担が高まると考えられます。血圧のための配慮するのであれば料理の塩分濃度の目安は0.8%以下を目指すようにしたいものですが、ここらへんはそれぞれ個別差があるでしょうし、あとは人間の体内からは常に水分も失われていますので、季節や気温、時間帯によって望ましい塩分濃度は異なると思います。こういった自分にとっての傾向を把握するためにもしっかりと記録をつけ続けることが肝要と言えます。


東急ハンズで人気の塩分計・塩分測定器・塩分濃度計

まずは東急ハンズで塩分計・塩分測定器・塩分濃度計の売れ行き状況を聞くとともにハンズネットでも人気のものを調べてみました。

店頭でもハンズネットでも一番人気だったのがこれ。

トーコーコーポレーション「塩分測定器 減塩かぞく TK−930」
トーコーコーポレーション
「塩分測定器 減塩かぞく TK-930」

店員さんにお聞きましたがトーコーコーポレーションの「減塩かぞく」は日常使いとして、シンプルで見やすいのが受けているんじゃないか、とのことでした。お値段も税込みで3,000円未満とお手頃ですね。

【特長】
・濃いか薄いか一目で分かるシンプルな3点表示!
・減塩初心者の方にもオススメ!0℃~80℃までの汁ものの塩分濃度をワンタッチで測定します。
・小型で軽量なので、持ち運びにも便利です!

この「減塩かぞく」に続く他の人気商品としては体脂肪計等で有名なタニタや輸入の計測器やキッチングッズで人気のドリテック、ちょっと業務用っぽくなりますがアタゴあたりの扱いがあるようです。

東急ハンズの人気ランキングの(続き)


楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonで人気の塩分計・塩分測定器・塩分濃度計


参考までに各通販ポータルの人気ランキングを紹介してきます。


(各通販の塩分計・塩分測定器・塩分濃度計関連のランキングページにリンクしています)

楽天はドリテック、タニタのものがよく出回っているようです。

Yahoo!ショッピングではドリテックが売れ行きNo.1のようですが、タニタのいろんなアイテムが上位を占めていて、特に目立つのはスプーン型のものが2位3位を占めていますね。


Amazonではベストセラー1位ということでタニタの商品がランキング1位となっています。
タニタ 塩分計 しおみくん SO-303-WH(ホワイト)
タニタ 塩分計 しおみくん SO-303


口コミとしてレビューの投稿が180件以上入っていますので実際に利用したユーザーさんの声をよんでみるとよいと思います。

タニタではなく他のメーカーのレビューを読むと「防水じゃない!ってどういうこと?」とか「●●産だ、信用できない(国産じゃない)」みたいな書き込みも目立ちます。その点、日本メーカーであるタニタならかなり安心感がありますね。

タニタの塩分計「しおみくんSO-303」のスペックです。
(タニタは「塩分計」というカテゴリーにしていますね)

  • 表示方法:3段階式(うす味 0.4~0.7%、ふつう味 0.8~1.1%、から味 1.2~1.4%)
  • サイズ:W205×D29×H18mm
  • 本体重量:40g
  • 素材・材質:本体・先端部/ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂、センサー部/鉛レス黄銅(金メッキ処理)
  • 原産国:ベトナム
  • 電源:アルカリボタン電池(LR44)×3個
  • 保証期間:1年間
  • セット内容・付属品:本体、お試し用アルカリボタン電池(LR44)×3個、取扱説明書(保証書付き)
  • 測定/調節温度範囲能力:0.4~1.4%
  • 測定温度範囲:30~90度
  • 機能:自動温度補正機能


おすすめの塩分計・塩分測定器・塩分濃度計は?

やはり安心感のあるのはタニタですね。わたしも個人的にも値段はどうあれ塩分計・塩分測定器・塩分濃度計ならタニタのものを使いたいです。

下記のしおみくんSO-303の発売は2013年なのでかなり時間も経っています。その中でベストセラーを保っているのは立派でひとつ安心感の目安になりそうです。

タニタの塩分計「しおみくんSO-303」ベストセラーになってます!



タニタは元々ある体脂肪計などの安定した人気と合わせて、健康ブームを背景にしたここ何年かのタニタ人気には目をみはるものがありますね。一連のタニタの社員食堂のレシピ本は我が家もお世話になっています。
続々・体脂肪計タニタの社員食堂 ~減塩なのにおいしい500kcalまんぷく定食~
続々・体脂肪計タニタの社員食堂 ~減塩なのにおいしい500kcalまんぷく定食~



あ、タニタは体脂肪計や活動計、塩分計だけでなく、血圧計の分野でも頑張ってます。


このサイトでは特別タニタさんを推奨するつもりもないのですが、ひとつ参考になれば幸いです。


減塩料理と身体に優しい減塩生活のポイント


減塩料理と身体に優しい減塩生活のポイントですが、基本的には一体ですが、身体に良い食材選び、そしてその調理の工夫、という2点がポイントです。

あ、その前に・・・


水分補給は非常に大切です!


塩分量というよりまずは“濃度”が大切です。これは、摂取する塩分の量を減らせても体内の水分量が減れば濃度は濃くなる、ということを意味します。

人間の身体からは平均的な数値として1日あたり2.5Lという大量の水が排出されています。重さにして2.5kg、体重50kgの人なら5%に相当します。このまま何もしなければ当然体内の塩分濃度は高くなるわけですね。もちろん塩分うんぬんの前に、体内の水分量が減れば血流やリンパも流れにくくなることになります。

摂取する塩分に配慮するのとあわせて、“よい水分摂取”、つまり適量の水分摂取と体に負担のない質の良い水分摂取を心がけたいところですね。体に優しい水については書籍やいろんなホームページなどで紹介されていますので改めて調べてみるとよいと思います。

最近わたしが読んだ本の中でおすすめしたいのは、腸内フローラや回虫の研究で有名な藤田先生のものです。人間の身体全体についての提言は興味深く参考になりました。飲み水についてはページ数はわずかでしたがしっかりとした提言とおすすめが載っています。

50歳からは炭水化物をやめなさい




塩分濃度を抑えたり、血圧を安定させる食材を積極的に摂りましょう。


体内の塩分濃度を抑えたり血圧を安定させることが科学的にわかっている成分はけっこう多数多岐に渡りますが、ここでは2つに絞って書いてみます。

カリウム豊富にふくむ食材を料理に使いましょう!

これはもうよく知られていることだと思いますが元素で言うとカリウムのほうがナトリウムを押し退ける力が強いので、カリウムを多めに摂る習慣をつけて余分なナトリウムを体外に排出させてしまいましょう、ということですね。
(ちなみに腎臓病など腎臓の働きが弱っている人は過剰なカリウム摂取はNGです!)


カリウムが多く含まれる食材としては以下が有名です。多めの順に並んでいます。

水分量の多いものとしては
パセリ、豆みそ、よもぎ、こんぶつくだ煮、アボカド、ひきわり納豆、ほうれん草(生) 、ゆりね、ザーサイ、納豆、きゅうりのぬか漬、やまといも、ぎんなん 、大豆(ゆで)  、ほや 等

水分量の少なめなものとしては
こんぶ(乾)、わかめ(素干し)、とろろこんぶ、ひじき(乾)、あおさ(乾)、切干だいこん(乾)  等


食酢を上手に使っていきましょう。

酢に含まれる酢酸は血圧に優しい食材であることがわかっています。

酢酸は「血圧が高めの方に適した食品」として公に認められていて、酢酸を関与成分とした食品を「特定保健用食品」として販売することが許可されています(国による事前審査あり)。
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail3334lite.html
(「健康食品の素材データベース」国立健康・栄養研究所より)

ちょっとしたサラダなどを食べる際にドレッシングに酢を混ぜたりすることで毎日三食のどこかで酢を口にできる習慣が持てるといいですね。

ちなみに最近ではリコピンやカリウムが含まれているトマトと酢を混ぜた“酢トマト”が静かなブームになっているようです。

酢トマトレシピ (オレンジページムック オレンジページhealthy)
2016年7月発刊


やせる! 血圧を下げる! 酢トマト健康法 (TJMOOK)
2016年8月発刊



減塩料理のコツ。薄味とどう戦うか?


どうやら我々人間が「美味しい!」と感じるものは、基本的に塩分濃度は0.9%あたり、つまりは体内の血液(血漿)の塩分濃度と同程度のものらしいです。この0.9%を越えた塩分濃度で「美味しい」と思ってしまうということは、やはり濃すぎる味に慣れてしまっているのだと思います。ただし改善し て0.9%前後に落としても時間はかかるにしても美味しさは感じられる可能性が高いですね。でも逆に0.9%を割ってくると健康にはいいのでしょうけど、薄味感のある食事からは満足感が得られなくなって結局はもとに戻ってしまうかもしれません。
こういった可能性を排除するためには塩分以外の手法でコクや旨味を深める工夫や、少し香りのある食材を混ぜることで塩気が気にならない工夫が必要ですね。

減塩料理のコツとして以下を上げておきたいと思います。

  • 出汁のとり方を工夫するとか、素材のうま味を引き出す工夫を
  • 香りのある食材を利用することで、塩気が気にならない工夫を
  • コクを深める素材を活用
  • 塩加減よりも酸味を取り入れてアクセントとしましょう


味噌やトマトの加工物を効果的に使いましょう!

わたしは、よく「●●が多く含まれる食材」という表を見て、はたと困ってしまうことがあります。「じゃあ、これをどうやって料理するの?」と。

なかなかレシピ自体を考えるのも大変ですし、減塩だ!健康だ!と言っても結果的に美味しく仕上がらなければ仕方がないですからね。料理のコーディネート力とでもいいましょうか・・・でも普通の主婦にこんなことを問われても困っちゃいますよね。

その料理の“コーディネート力”を高めてくれる万能な調味料といいますか、ソース、ベースとして2つのものを書いてきますね。

まずは味噌。

「え、味噌?何いってんの?」驚かれそうですね。

まずはこの記事を読んでみてください。
「研究 なぜ長野は日本一の長寿県になったのか」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35599?page=5

もちろん塩気の多い味噌をたっぷり使ってお味噌汁をつくったりするのはNGです。ただ味噌消費県No.1の長寿ぶりは誰もが知っているところですね。
注目すべきは発酵食品としての味噌の健康への貢献度ではないかと思います。減塩味噌などを活用し、また昆布出汁や野菜と一緒に煮込むことで深みのある仕上げができるでしょう。

味噌だったらいろんな食材をコーディネートできますね!


次はトマトの加工食品

これも「加工食品って何?ナマじゃないの?」と驚かれそうです。

トマトにもカリウムがたくさん入っていますが、実はトマトのカリウムや健康にいいと言われるリコピンなどの成分は生のトマトよりも加工食品、つまりトマトピューレー、トマトソースとかトマトケチャップにこそ濃度が高くなって含まれているんです。(トマトケチャップにも減塩ケチャップがありますね)
また料理のソースやベースとしてトマトは旨味を深める素材として人気です。旨味がしっかりと確保できるので料理を和風に仕上げてもいいですし、相性の良いオリーブオイルなども活用すれば質の良い脂質も摂れるのでトマトの活用は良いことずくめなんですね。

トマト自体からソースを作ってもいいですし(トマトの種は捨てないで!トマトの旨味は種に多く含まれます)、手軽にケチャップやソースを使えば、料理全体のコーディネートが増し満足感の高い料理が食べられます。




減塩生活すること自体が目的にならぬよう・・・

さて・・・健康は自分のため、とはいいますが塩分計・塩分測定器・塩分濃度計で食事のたびに塩分を測定して記録して、料理の食材や作り方にこだわって・・・と正直、面倒ですね。といいますか、これではまるで生きている目的が減塩生活を行うことにすり替わってしまいそう、とそんな気持ちになってしまう人もいるのではないでしょうか。

一番よろしくないのは途中で対策を止めてしまうことですね。
運動でも食事でも毎日ちょっとずつが基本です。毎日カラダにいいことを、プラスマイナスで、ちょっとプラスが上回るようなそんな生活からはじめてみるのもいいかもしれませんね。

我が家は夫婦で飲み始めているんですが、下記に、こんな飲み物もあるんだ、ということで紹介しておきます。
上で紹介した“酢トマト”とは全く別物で、これはトマトそのものを発酵させて酢を抽出したライオンが開発した「トマト酢生活」という飲料です。
http://www.lionshop.jp/hc/tomatosu/


トマト酢生活 トマト酢飲料(通販限定販売)
(画像:ダミー)

ライオンはこのトマト自体を発酵させて作る“トマト酢”の商品化に30年かかったそうです。トマトの発酵は難しい技術とのことです。
「トマト酢生活」は消費者庁が「食酢の主成分である酢酸を含んでおり、血圧が高めの方に適した食品」であることを認可した「特定保健用食品」、つまり“トクホ飲料”です。日本人間ドッグ検診協会という団体からも推薦を受けている商品です。

飲んでみるとわかりますが酢特有のむっとくる、よい意味での酢の濃厚さとトマトの酸味がしっかり伝わってきます。
わたし自身はトマトは生でも加工物でも好きですし、酢のものも好きですからし、この「トマト酢生活」は最初のひと口で気に入ってしまいました。
甘みがあるんですがカロリーは少ないんですね。砂糖などで甘さを作るのではなくトマト由来の甘さなんだと思います。ということで毎日美味しくいただいています。

パックの大きさは小ぶりなんですが、でも実はここがポイントで1日1回の小さめのパックなので毎日少しづつ続けられる感じなんです。
朝に飲むのを忘れても夜でいいや、という感じで気楽です。
今では冷蔵庫のよこの在庫が減ると「次の定期便はいつかな?」なんて夫婦で気にしたり。

といことで「トマト酢生活」は今ではすっかり我が家の毎日の健康生活のアクセントとなりました。


珍しいトマトを発酵させた酢のドリンク、よかったら濃厚でムダのない酸味を試してみて下さい。

「トマト酢生活」の詳細です。(ライオンの公式サイト)
http://www.lionshop.jp/hc/tomatosu/





【参考リンク集】